恋愛ドラマのような妻との始まり

その彼女とは車の学科試験を受けに行った時に知り合いました。後ろの席で八重歯がカワイイ子だったので試験前から気になっていました。試験が終わり後ろを振り返り思い切って話しかけてみました。

あの問題が分らなかったこととかを話しながら結果を一緒に待ち二人とも合格でした。一緒に帰ることになりお茶に誘いいろんな話をして連絡先を交換しその日は別れました。念願の免許がとれたことよりもカワイイ彼女と知り合ったことの方が嬉しく免許証の交付の日付が出会いの日だと免許証を眺めたりしました。

それからメールや電話で沢山話をして徐々に仲良くなっていきました。お互いの休みや時間が合わず会ったりすることはなかなかできませんでしたが電話ではいろんな話をして私の気持ちは募るばかりでした。

お互いの時間が合い食事に行くことになり、その帰りに思い切って付き合って下さいと告白しました。
彼女はまだ前の失恋から完璧に立ち直っていないことを理由に私との付き合いはできないと断りました。
彼氏の有無は確認していましたが、失恋のことまでは知りませんでした。

出会って2ヶ月ほど経ったクリスマスの日のことでした。楽しい正月を一緒にと思っていましたが思いは伝わらず賑わう街をトボトボ落ち込んで帰りました。

年が明けてのお正月の3日彼女から明けましておめでとうございますと電話がありました。聞けば私の家の近くまで来ているとのことで私は慌てて飛び出していきました。嬉しいやら振られた気まずさやらでどんな顔していいのか分りませんでしたが来てくれた嬉しさだけは伝えました。すると彼女が話しだしました。

告白され、それを断った日からもう私と話せなくなったんだと思ったらたまらなく寂しくなったそうです。前の失恋を引きずっているからと言ってはいたものの私と話したりメールをしているとそれを忘れていたそうで、私の優しさや温かさが短期間でしたが心に沁みていていなくなるのがたまらなくなったそうでした。しかし断った手前、連絡することもできずどうしていいか分らず悩み、どうしても会いたい気持ちにかられ会いにきたそうでした。

申し訳なさそうに一生懸命に話している彼女の姿がとても愛おしく、もう一度付き合って下さいと告白しました。彼女は泣き出し首を横に振り、私の方から付き合って下さいと言いました。私はもう嬉しすぎて頭が真っ白になり腰が抜けたようになりへたりこんでしまいいつしか2人で大笑いになっていました。そこに雪が降ってきてまるで恋愛ドラマのようなシチュエーションになり、私にとって絶対忘れられない告白でした。
これが妻との始まりです。

オーストラリア人を彼に持った経験

私は彼と出会ったのはレストランの厨房でした。私はウエイトレスとして働く事になったのでシェフの方にも挨拶をしなくてはならず、厨房に行きました。

彼はシェフで料理をしていました。厨房で初めて彼を見た時、ドキドキしました。いわゆる初恋です。目力が強かったのでじっと私の事を見ている彼の目線が胸に突き刺さっていた気持ちなのを覚えています。

 それから暫くレストランで働いているうちにみんなでクラブに行く事になりました。初めて彼と一緒にダンスをしたとき、彼はダンスが上手だったのでエスコートして貰いました。もちろん彼はネイティブなので英語が出来るのは当然ですが、英語の歌も上手に歌え、なんでも私より出来る彼が頼もしく、とてもかっこよく見えました。

 そして何度かクラブに行った時、踊りながら付き合う?みたいな事を言われキスをしました。とても優しいキスで楽しかったです。

 彼は日本の男性よりもなんでもオープンな気がしました。特にデート中は気取ったりする事もなく、ありのままの私でいました。そんな私も彼は気に入ってくれて、むしろかざりっ気の無い私の方が好きと言ってくれました。私は基本的に色々な場面で彼には引っ張って欲しいタイプなので色々エスコートしてくれる彼にとても惹かれ好きという気持ちが日々強くなった気がします。

 彼は年上という事もあり、甘える事が出来たと思いますが、彼はベットの上では甘えるタイプだったのでそこが私と少し好みが違っていた気がします。(笑 日本人とオーストラリア人は感覚が違う事もあり、時々戸惑う事もありましたが、オーストラリアで生活していく上では問題は無かったように思います。ただ、これが日本で住むとなると少し彼の性格がルーズっぽいので難しかったかもしれません。

 レストランでずっとウエイトレスとして働いていましたが、忙しい時も彼は気性を荒立てる事もなく、冷静に対応していましたし、私に困った事があると必ず助けてくれました。
 お互いまだ20代前半だったこともあり、考えが幼い部分もありましたが、とても幸せな体験で今でも忘れられません。

妻との付き合い始めの過程

妻は職場の同僚でした。私が入社後2年間の長期派遣から帰った時、新入社員だった妻を紹介されました。当時は特に何も意識してませんでした。それから、同じ職場の同僚として社内の行事や飲み会などでごく普通の付き合いをしてました。

ただ、私がよく飲みに連れてってもらっていた先輩が面倒見の良い人だったので、妻も含めて若い女の子も一緒に飲みに行っていたので自然に同じグループとして行動する機会は多かったかもしれません。特別に付き合うようになった端緒は私がスキーに誘ったことでした。

私も自分でびっくりしたしたのですが、朝職場で会った時に、周りに人がいなかったこともあったのかもしれませんが、”スキーに行かない?”と本当に無意識のうちに言ってしまいました。知らず知らずのうちに意識していたのかもしれません。その時の妻は若干驚いていたようで、返事に迷っていて困っているようでしたが、私は半ば強引に話を進め、二人きりでスキーに行くことにしてしまいました。

断られない限り強引に進めなければ、結論が出ない、という判断でした。そのスキーをきっかけに職場内でも会話の機会が増えました。その後2,3か月は職場外での付き合いはない時期が続いたのですが、職場では少しづつ話す機会を増やすよう心がけました。ある時、妻の方から郊外の花の展示会に誘ってきました。この時を境に、明確に付き合いが始まった、と言えます。

その後デートを重ねるようになりました。大体月1回のペースで3か月ほど経過し、徐々に頻度が増えていきました。同じ職場なので、仕事が終わったあと密かに待ち合わせて食事にでかける、というパターンがほとんどでした。休日は郊外にドライブ、あるいはディズニーランドに遊びに行くことが多かったように思います。

妻は4歳年下でありおとなしい性格で、さらに家庭では甘やかされ気味で過ごしていたのでデート中は努めてやさしく扱いました。私の場合は、決して急がず、ゆっくりと互いの心が通うようになるのも待つ、といったスタンスが効を奏したように思います。

年下彼女との出会い

私は現在27歳です。今年で付き合って3年目になる4歳年下の彼女がいます。今は同棲していて今年中に結婚をすることになっています。
そんな彼女との出会いは3年前。私がアルバイトをしていたパチンコ店でした。

私は掛け持ちで働いていて彼女はそのパチンコ店で社員として働いていました。私は当時、稼げれば良いと考えていてアルバイト先では人との関わりを避けていました。しかしそんな私にグイグイ話しかけてきたのが彼女です。出会った時は彼女は20歳。私は24歳でした。

若くて礼儀も知らない子で、見た目は完全ギャル。どう考えても私のストライクゾーンに入る子ではありませんでした。しかし顔は可愛い方です。そんな時、たまたま仕事終わりにご飯に食べに行こうとなりました。私と彼女とその同期の子。3人で行く予定でしたが、同期の子が来れなくなり仕方なく2人で行くことになりました。

車で移動しファミレスで食事をしました。そこでは恋愛の話になり、「今彼氏がいるけど上手くいっていない」と言ってました。よくよく話を聞くとその彼氏からは都合の良い女としか扱われていないみたいです。私は「なんでそんな無意味な恋愛してんの?」と聞きましたが、これといった返答はありませんでした。

その後も何度か食事に行きましたがそのたびに同じような話をしていました。私は会うたびに、気が付かないうちに彼女に惹かれていたと思います。

そんなあるとき私は彼女にこう言いました。「つまらないなら会いにいかなくていい。俺と一緒に居ればいいじゃん」と。彼女は涙を流しました。私は1度冷静に考え私に所に来るなら今の彼氏とちゃんと別れてこい。と伝えました。その後彼女は昔の男と別れ私の所へ来ました。

勤務するパチンコ店のすぐ近くに私がアパートを借りていたので通勤が楽になると言って私の部屋に転がり込んできました。そんな感じでいつの間にか同棲が始まりました。そんなこんなで3年が経っています。この間お互い転職をしたり引っ越しをしたり状況は変わっていますが、お互いの気持ちは変わっていません。

私達夫婦は偶然が重なってお付き合いをし、結婚しました。

私達夫婦はパニック障害という同じ病気です。私は、システムエンジニアをしているのですが、朝が、5時半起き、夜中の1時に寝る生活が続きました。
仕事はどんどん出てくるので、3人分を1人でやる状態でした。
ある時、通勤電車の中で、頭痛、吐き気、過呼吸、手足のしびれを感じて、途中下車しました。
正直、死んでしまうかと思いました。
私は、たまたまと思いたまった仕事をどんどんこなしていきました。
この発作が起きるのが頻繁になり、仕事に行けない日が出てきました。
とえいあえず、仕事が一段落ついたので、嫌でしたが、心療内科に行きました。
診察してもらったら、パニック障害といわれました。
早期に、対応していればよかったのですが、年単位での治療となりました。
仕事は、フリーランスでやっていたので、しばらく仕事をやめ、治療に専念する事にしました。
私は、仕事バカと言われていたので、仕事が出来ないのがすごく苦痛でした。
本当に、時間だけが過ぎていく感じでした。
心療内科で、kになる事がありました。
私が、診察の日にかならずいる女性がいる事です。
それから、意識していたのですが、診察が同じという事がわかりました。
たまたま隣になったので、話をしました。
彼女も、業種は違いますが、仕事のし過ぎで、私と同じパニック障害でした。
それからは、心療内科であうたびに、いろいろ話をする様になりました。
病気が同じなだけに、気軽に話す事が出来ました。
話の中で、心療内科や薬以外で、自分たちでこの病気に治療ができないかと
考える様になりました・
キーワードとしては、森林浴(山)・マイナスイオン(滝)・綺麗な景色(山。海)
アニマルテラピー(動物園・ペットショプ)といろいろ意見が出てきました。
私達は、週に1度、このキーワードを中心にドライブに行く事にしました。
私は、ドライブをしている中で、仕事が出来ない辛さから開放された気がしました。
彼女も、ドライブを楽しみにしてくれて、私も嬉しく思いながら、ドライブをしました。
気がついたら、半年がたっていました。
このドライブはお互いの病気がわかっているので、調子がわるくなっても、
理解してもらえる安心感がありました。
私の中で、彼女の事をどんどん好きになっている事に気が付きました。
忘れもしませんが、琵琶湖を一周するというドライブをしていた途中で、
寄った道の駅で、彼女の方から、付き合って欲しいと言われました。
私も、結婚も考えている事を言いました。
私達は、少しずつ病気は良くなり、私は、社会復帰し、今では、結婚し、
賃貸を借りて、二人とうさぎのすももと楽しく暮らしています・
何かあった時でも、すぐに対応する為に、彼女の実家にそばに賃貸
を借りました。
私達は、パニック障害で苦しんでいる人や、人生を諦めてしまった
人たちに、私達が見本になり、生きる勇気をあげたいと思っています。

携帯のアプリで出会って付き合った

当時時間があるときにいろいろな携帯アプリで遊んでいたのですが、女性と連絡先を交換することも多かったです。出会い系というほど出会いだけのアプリは私はあまり利用しないのですが、出会い系のアプリでなくても十分出会いはあります。

ネット上でもそこに男女が集まれば一応は出会いが発生するので、そこから連絡先を交換したりすれば仲が深まります。また女性はあからさまな出会い目的を警戒する傾向にあります。

これは出会い系に登録している女性でも同じで、コミュニケーションを求めています。なので、出会い系でないアプリの方が案外近道だったりもするのです。共通の話題があるので、急がば回れということです。そして私はこういったアプリを通じて交際した経験があります。

初めて会う前にラインやスカイプで通話していたのですが、直接会ったのは広場での待ち合わせです。待ち合わせをして食事に行って、その後いったんは解散しました。しかしその日の夜に通話しているなかで、彼女の家に行く流れになって、結局彼女の家に泊まりました。わりと近所に住んでいたのでそうなったのだと思います。当時京都の街中に住んでいましたが、デートなども困らないでしょう。

家に泊まった日に付き合うことになったのですが、デートの頻度はそれほど多くはなかったと思います。京都の街中や寺に一緒に行くことが多かったのですが、だいたい2週に1回くらい会って、そのまま家に泊まるパターンが多かったです。京都は仕事を探すのが難しいのですが、住むにはちょうど良かったです。

ただどこに行ってもかなり大学生が多いので、その点は好き嫌いが分かれるかもしれません。学生が多い分家賃も安いですし、自営業などで余裕のある人は京都に住んでみるといいかもしれません。女子大生とも付き合えるかもしれませんよ。ちなみに私が京都で交際したのは社会人の女性でした。

出会いに場所は関係ないかもしれませんが、都会すぎず、田舎すぎずが個人的にはやりやすいと思っています。

妻との出会いから付き合うまでの体験談を紹介

私は38歳の男性です。妻との出会いから付き合うまでの体験談を書いていきます。出会いの場。私が28歳の時に私と妻は婚活をしていて、ある結婚相談所で知り合いました。お互い初対面からスポーツ等の話が合いデートをすることになりました。

最初のデート。私が妻と結婚相談所で知り合い、早速妻をデートに誘いました。私はそんなに積極性がある方ではないですが、勇気をもってデートに誘いました。デートをした場所は映画館です。お互い観たい映画を選んで観に行きました。映画を観た後は、ご飯を食べにいきました。

最初のデートで何を意識していたかといいますと、結婚してからの生活を意識しながらデートをしました。デートをあまり緊張しなくてできたので、この女性と結婚生活が上手くいくと思うと感じました。

付き合うに至るまでどのくらいデートをしたか。妻と付き合うまでにどのくらいデートをしたかといいますと、三回デートをして付き合うことになりました。二回目のデートをして、三回目のデートも付き合ってくれたから、これは付き合うことができると確信しました。

三回目のデートの時に、私から結婚を条件に付き合いたいと告白しました。妻からの返事はこちらこそよろしくお願いいたします。との返事で付き合うことになりました。付き合って半年してから結婚することになりましたよ。

社会人の恋愛初心者にアドバイスさせてもらいますと、恋愛して告白するまではすごく緊張しますし、告白して断られるのではないかと心配することがあると思います。

しかし、告白しないでいますと他の男性と付き合ってしまったり告白できないまま、彼女と連絡取れなくなってしまう場合がありますよ。デートや告白して断られても次の恋愛に行けばいいのです。何もアクションしないでデートや告白できない方が後悔してしまいます。勇気がいりますが、少しの勇気をもってデートや告白をしましょうね。